2018年05月27日

モンモデル パンターA 完成と戦車本タンクアート

モンモデル パンターA型 完成~



足回りの泥表現もいまいちだったのでさらにメディウム等まぜながらやってみました。



湿った泥の感じを出すためにクリアーを筆塗りしたり。
もっとやっても良かったかもですね。

エンジングリル周りのウェザリング



オイル垂れ、乾いた泥などやってみました~
画像だとパステルの色が実物より白っぽいです肉眼だともう少し黄色味あります。
この手の作業は夢中になっているとついついやりすぎてしまいますね。

ここから先は膨大な時間がかかるのでひとまず完成とします。
何度も書いてますがモンモデルのコーティングデカールはやっぱりダメだと思いますね。
手間がかかる割にコーティングの目地が埋まってたり、また作業途中でたびたび角から剥がれたり・・・・

そして最近このような本も新たに購入してしまい・・・
大日本絵画 タンクアート
もともと洋書は以前から出回っていたのですがついに翻訳本が!



リペイントの勧めとか色々濃い内容で戦車模型好きには非常にお勧めです。
で、参考にしながら旧タミヤIV号でウェザリング練習してみました。



汚しやりすぎてホコリ汚れ落とすのに大変だったり・・・足回りはモンモデルパンターでやった泥表現で。


こんな昔のモデルでもそれなりに観られるようになったかと。
まあ以前アップした今はなきトライスターIV号とならべればなんとも時の流れを感じるのですが・・・
練習台には丁度よいですね。





  

Posted by 熊衛門 at 23:10Comments(0)模型

2018年05月02日

モンモデル パンターA 塗装

趣味の時間を強い意志で捻出しつつ、モンモデル パンターA型 塗装から一気にあとちょっとで完成~



案の定純正コーティングシートはいまいち角が剥がれやすく・・・
めげそうになりましたが何とかウェザリングまで到達。



今回はかなり泥遊びしましたが、もう少し色味調整したいところ・・・
チッピングもまだシュルツェンに入れてないし。



どうもドラゴンパンターに比べ車高が高く組みあがってますね~
装備品満載でなければ車高は高くなるでしょうが。



リアビューも盛大に盛ってみました~

ドラゴンパンターも基本塗装は終わってはいてこんな感じ



こちらはポリパテでコーティングしたので塗装でどうなるかだったのですが良い感じです。
好みとしてはやはり自分でコーティングした方が模型映えすると思われますね。
粗いコーティングの感じとか。
三色迷彩の色味はもう一度やり直すかもですね。グリーンの色味がちょっと・・・・かな?

連休も通常進行なのですが、戦車模型熱上がりっぱなしで新たにキット3両も買ってしまったり・・・



  

Posted by 熊衛門 at 01:20Comments(0)模型