スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年02月21日

マルシン ブローニングHP

皆様の流行を8周回遅れ気味で走っている熊衛門です。

またまたモデルガンネタですが・・・
今更マルシンモデルガンのことなど知りたい方はほとんどいないと思いますが、ネット上にもまったく情報が載せられていないので、あえて記事しますです。

この間発火して数発で破損したブローニングHPのブリーチ部分ですが、世代によって3種類確認できます。


下から初期サイド発火、中期センターファイア(スライドはABSとHWとあり)、上が後期型。
この間破損したのは中期型でした。

センター発火のブリーチ破損はマルシンも認識していたようで後期型ではブリーチの肉厚が1mm弱厚くなってます。
またスライドのセレーション付近のクラック破損を避けるためスライドレールも後期型はブローバック時の力が逃げるようにあえてカットされてます。
中期型スライドは肉抜きされてません。

またフレームのスライドレールとかみ合う部分も変更されてます。

左が初期中期、右が後期型。
分かり辛いですが後期型はレールが増設されてます。

このような改良がメーカーでおこなわれましたが、最後期型でもスライドのセレーション部分破損、ブリーチ破損が多いようです・・・・
スライドの材質がHWなので脆いのでしょうね・・・・

現時点でマルシンブローニングHPの一番耐久性があり発火性能も良いと思われるのはABSスライド、後期センターファイアブリーチ型ですね。
でもそんな製造ロットはありません。

なのでHW中期型のスライドからブリーチをABSスライドに移植しさらに補強で1mm厚アルミ板をブリーチに接着。


今回はこんな接着剤を試してみました。


1mm厚くなった分シアーと干渉するので削り調整。
耐久性がどれぐらいあるか発火してみないとわかりませんが・・・・・
数日硬化させてから20発ほど発火してみましたがブリーチ部分のアルミ板はがっちり接着されております。ブリーチ自体にも目視ではクラックは見られません。
今後さらに発火して耐久性がどれぐらいあるか試していきます。

しかし武器庫捜索でマルシンブローニングHPをこんなに持っていたなんて・・・反省。














  

Posted by 熊衛門 at 01:55Comments(4)マルシン

2015年02月20日

VFC HK417 GBB

皆様の流行を二周回遅れ気味で走っている熊衛門です。

去年の発売直後に購入はしていたのです。
VFC HK417 GBB。


20インチキット買うの迷っているうちに安めで販売しているショップは軒並み在庫切れ・・・・
とりあえずスコープ載せてみたりしたのですが、なんともな12インチ仕様・・・
その上弾道もHopが固すぎるのかフライングしたりしなかったりで愛が冷めてしまいそのまま放置プレイ・・・
で、そのまま年越してしまいましたが今月20インチキットが再発売されたので、今度は即購入。



やっぱり大好きスナイパー~
で愛が復活したのでついでにHop周りも弄りました。

インナーバレルもHopもVFC仕様からWE仕様に変更します。
インナーバレルはWEの余り物。



今回はHopはマルイ互換の固さのこれで逝ってみました。

Hop周りはこんな感じなので、マルイ互換でHopが安定するようにHop押しパーツを調整。

組込み後試射してみましたが、かなり弾道が安定しました。

撃ち味は凄く楽しいのに残念だった弾道も改善され超お気に入りに!
他の方がとっくにレビューされているのでいまさら書くこともないと思いますが、リコイルはもう別次元ですね~WEM4のリコイルアップチューニングなんてバカバカしくなるぐらい・・・・

7.62mm繋がりでWEM14と。



良いですね~でもスコープがHK417に存在感が負けている気がしたのでパチリューポに載せ替え。


WEHK416と記念撮影。

大ガス食いですが、撃ち味最高なので気にしません。
内部パーツも3000発ほど撃ってますが今のところノートラブルですね。

この調子でVFCさんには是非SR25等発売して欲しいですね~

嗚呼でも唯一ダメな所があったんだ・・・・・
アッパーレシーバーのチャーハンラッチが掛かる部分・・・・ワシのも削れとる・・・・泣









  

Posted by 熊衛門 at 03:26Comments(0)VFC

2015年02月11日

KSC M11 GBB

皆様の流行を2周回遅れ気味で走っている熊衛門です。

モデルガンネタはちょっとお休みして正月に買ったKSC M11の今更感たっぷりなレビューでも。


上がKSCで下は年代物のMGC製モデルガンです。
こやつは発売すぐにモデルガンフェスティバルで購入したものだったかな?
マーキングもMGCです。


さてKSCのM11ですが、遥か昔のMGC M11の衝撃が忘れられず購入したのですが、なんとも残念な所が・・・・

こちらはMGC製

30年以上前の物ですがそれなりに仕上がってます。

そしてこちらがKSC製最新ロットです。

いやはや退化しております・・・・・
KSCってもっと仕上げに気を使うメーカーだったはず・・・・

気を取り直して実射してみましたが、射撃性能もなんだかな感じでした。
10m ぐらいで50cmぐらいバラける感じですね・・・・
いくらバラ撒き系マシンガンでもこれはちょっと・・・・
バラしてみるとアウターバレル付近のクリアランスがありすぎでガタガタでした。



なので、お手軽にガムテでガタ取り。


試射してみましたが、バラけは改善されたもののKSC独特のHop調整からか若干右曲りな弾道に・・・
なんと言うか昔好きだった子に30年ぶりに会ってみたらガッカリだったような感じです・・・・
いまさら昔の感動を追い求めてはいけないのでしょうかね・・・・

今もしガスブロ戦で選べと言われたら絶対こちらのマルイG18Cを選びますね。


あらゆる面で勝ってますね。
集弾性能もサイディングも初速も。

でも80年代のGUN誌でM11の実物記事で9mmショート仲間でこんな組み合わせの記事が忘れられず・・・



最近ノスタルジー感が・・・・歳ですかね?

  
タグ :KSC M11MGC M11

Posted by 熊衛門 at 01:39Comments(2)Others

2015年02月02日

マルシン ブローニングHPとコマンダー

皆様の流行に9周回遅れぎみな熊衛門です。
週末はまたまた最近再び嵌っているモデルガン弄りです。

M9やガバの作動に気を良くしてブローニングHPセンターファイアーABSを引っ張り出してきて発火遊びしておりました。
最近のヘビーウエイトの前なので、中期型でしょうか。



今回最近気になっていたキャノンボール爆音プラグを試してみたくて発火してみました。


まずはコマーシャルタイプから。
が, 撃ち初めから下の動画のようにシアーが切れづらい感じに。



分解してみたらブリーチ破損しておりました・・・・

経年劣化でしょうかねートホホ・・・
で、気を取り直してミリタリータイプの方で発火してみました。



最終弾が排莢されなかったりジャムがあったりしますがもう少し調整すれば何とかなりそうな感じです。
また爆音プラグのおかげで発火音もはっきり分かるぐらい大きいですね。まあ100倍はいきませんが10倍は大きい感じです。
このブローニングシリーズは80年代に発売時コンバットマガジンでくろがねゆうさんが下宿モデルと評するぐらい発火音がしないモデルでしたが爆音プラグのお陰で撃って楽しいモデルになりましたねー

それにしても今時モデルガンの改良パーツを発売してくれる所があるなんてありがたいですね!
サイドファイアーモデルも持ってるので今度はそっちでも試してみたいですね。

で、当然最近マルシンから再販されたこれも購入、組み立てました。


発掘した木グリにメダリオン埋め込んで、


いきなり完成


多少雑な加工ですが、あまり面倒くさいのは時間的に無理なので・・・・
最近はガスブロよりこっちを弄っている時間の方が長いですね・・・・

いやしかしヤフオクの玉数の少なさときたら・・・・高すぎだと思う今日この頃。








  

Posted by 熊衛門 at 03:43Comments(0)マルシン