2012年10月05日

WE HK416 ボルト到着

しばらく放置状態で気が付けば季節はすっかり秋・・・・
今晩は、皆様の流行を2周回遅れ気味で走っている熊衛門です。

RAMC様レス遅くなりすみません~

さて1ヶ月ほど前に鈴友さんに加工をお願いしていた、HK416のボルトが先日送られてきました~



WEの純正はこんなですが



ボルトの面だし、テフロン加工、レーザー刻印等、加工してもらいました。
前回アッパーとロアーの刻印、塗装は鈴友さんにて加工済みでしたが、「ボルトは消耗品だしノーマルのままで良いか」と自分では思っておりましたが、今回の加工品を組み込んでみて、もっと早く加工してもらえば良かったと言うのが今の気持ちです!

相変わらずの丁寧な仕上がりで、撃って傷だらけになっていくのが忍びない感じです・・・・



このボルト加工はブロ友の淳屋さんと同じ加工です。
淳屋さんのブログで見てはいたのですが、送られてきた実物を見ると、もうWEノーマルボルトには戻れない感じです。

自分で加工したM4のボルトと。



ボルトの外見も重要ですね~
今回、加工をお願いしたボルトはストックパーツとして持っていたボルトでほとんど撃っていない物に加工してもらいました。
元々のボルトはもう正確な発射数は数えてないのですが、おそらく8000発以上撃ってこんな感じに・・・・



かなり凹んでますが、作動は快調でまだまだ逝けそうです~

HK416とM16で記念写真。



今回も鈴友さんの丁寧な加工にうっとりでした。
こういう会社が日本にあることは素晴らしいと思います。
安かろうで中華に流れるのは時代の流れだとは思いますが、クオリティを求めるとまだまだ日本も捨てたものじゃないと思いますね~

  

Posted by 熊衛門 at 01:40Comments(15)WE HK416