2012年04月28日

WE M4系 外装パーツ交換

いよいよゴールデンウイークですし、やっと暖かくなってきましたね。(私は仕事ですが・・・)
今回はWEのM4系の外装パーツ等をいくつか購入、交換してみました。

まずはこれ


TSCのVLTORタイプBです。
私にとってM4のチャーハンの操作感は結構気になる所なのです。
ちょっと高いのでずっと我慢しておりましたが購入。

チャーハン必ず初弾装填で使うじゃないですか。
ノーマルのあの寸足らずで厚みの無いチャーハンラッチが嫌いなのです。

それからこんなのも


ずっと買うか迷っていたBETAのアウターバレルです。ハイダーが正ネジなので躊躇していたのですが・・・・

14.5と並べると


ガスブロックの位置も当然違っております。ストレートな16インチアウター欲しかったので。

で正ネジハイダーも

MAD BULL 製です。
PWS FSC556の実銃での性能はYOUTUBEで観るとすばらしいようです。(GBBには関係ないけど・・・)

それから予備パーツとして

TSC製、マガジンのボルトストッププレート。
段々ノーマルのが磨り減ってきたので。


それからそれから今まで買ったパチ物光学系で最もガックリと言えるのではないかと思われる逸品



パチAIMの3Xですが・・・・あーもう何も言うことないです・・・・色々書きたいことはありますが愚痴になってしまいます・・・
今まで安物スコープ等の洗礼はそれなりに受けてきましたが、こいつはまさに最低最悪です。
要するに使い物になりません・・・・購入を検討している方は是非、現物を覗いてから判断した方が良いです。それも単体ではなく、必ずダットサイトも通して。
まだパチACOGの方がマシです。ということでこいつは放置プレイ・・・

気を取り直して、チャーハンの交換。


若干すり合わせは必要ですがやっぱり良い感じです。
チャーハンを引いた感触も好みです。




アウターバレルとハイダーも交換して。

M16と記念撮影。
16インチ MIDレングスな感じですね。好みからするとこの銃身長ならACOGよりショートズーム系スコープが欲しい感じ。

M4のチャーハンラッチが良い感じなので、WAM4系のPRIチャーハンが転がってたの思い出しラッチだけWEのM16に移植。

これもちょっとすり合わせが必要ですが。
やっぱり操作感が劇的に変わります。

WE専用じゃなくても、安ければWAM4用のでラッチだけ交換するために購入しても良いかもしれませんね。


このアングルからの密度感が好きです。




いつの間にかこんなにWE系の余りパーツが・・・・・




アッパーレシーバとストックパイプと細々揃えれば一丁出来そうですが・・・・
  

Posted by 熊衛門 at 02:42Comments(4)WE M4

2012年04月22日

WE M4にWAM4アッパーレシーバー組み込み実験

今回は家に転がっているWAM4互換のジャンクアッパーレシーバーとこれまた余っているWEのロアーレシーバーの組み合わせで使えるか検証してみます。
ロアーがWEと言うことは当然トリガー周り、ボルト、チャンバー周りはWEですが、ピン関係等WA系でどれぐらい使えるかも試してみます。


まずWAM4にはWEのようなチャンバー取り付けの横切り込みがありませんので溝を掘ります。

今回は使えるかどうかのテストなので大雑把ですが。

WEチャンバーは外径が小さいのでオープンボルトアップデートキットに付属のカラーをはめ込み


とりあえずこんな感じで


バレルナットを締めこむと。

あと1ミリぐらいチャンバー取り付け溝を深くした方がよさそうですが。
アウターバレルはWA系。ヒカルさんが言っていたように特にすり合わせも必要なく付きました。

WA系アッパーとWEロアーで合体させると。

ピポット、テイクダウンピン位置はピッタリでした。
WA系マガジンキャッチもすり合わせ無しで付きました。
マガジン保持位置も悪くないようです。
WA系ハンマーピン等は使えませんでした。
ピポットピンSP、プランジャーはOK

トリガーボックスと干渉する部分も削り。


撃てるかどうかとりあえず、別のWEM4のロアーで撃ってみたところセミは普通に撃てました。
フルはチャンバーの位置がやはり合っていないようで駄目でした。

ボルトストップも掛からなかったのでアッパーの干渉部分も削らないと駄目なようです。

が、以外にあっさり作動させることは出来たので今後WA系のアッパーレシーバーを購入して組み込むことも選択できそうです。

WEはロアーの刻印はだいぶ自由度が上がりましたがまだまだVOLTERレシーバー等WAのように選べる状況ではないので、WA系との組み合わせは全然駄目なのかちょっと試してみたくなったんですよね。。
まあお金があれば、DYNAMIC製 TACTICAL M4 MURアッパーレシーバー なんていう選択もできるんでしょうが・・・・・WE本体分以上の金額です・・・・

そのうちWAのようにレシーバーパーツも選べるようになると良いですね。
  

Posted by 熊衛門 at 21:39Comments(10)WE M4

2012年04月21日

マルイG18C GBB カスタム

ちょっと間が空きましたが、皆様の流行を2周回遅れ気味で走っている熊衛門です。
流行遅れのネタで本日も逝ってみようと思います。
本来このブログはWE関係のみで書いていくのを基本路線にしておりますが・・・・

まずはこれWEのインナーバレルです。



WEのインナーバレルカットの実験の物やRAに交換して不要になった物。
良い再利用法はないものかとずっと考えておりましたが前にG36でバレル長テストした時にGLOCKのインナー持ち出しておりましたが、逆も使えるのではと・・・・

皆さんご存知のようにマルイGBB全般、初速低めですよね。
こんな感じ

ノーマルG18C、気温22℃、マルイベアリング研磨0.2g使用。
マルイの素晴らしい所は気温が上がってもそれほどこの数値から上がらないセッティングなのですよね。
やはりメーカーとしてはこれぐらいの安全策で販売したい所でしょう。
でも、もうちょっと初速高めでも良いと思うのは私だけでしょうか?

で、今回のカスタム物で同一条件で。


要するにインナーバレルをWEの長い物に交換したわけですね。
ただ交換するのでは長すぎるのでWEインナーバレルをカットしながら、バルブを叩けるギリギリの温度まで温めても規制値内のセッティングにしております。
でもそのままだと本体からインナーバレルが数センチはみ出したなんともな外見なので・・・・

こうなりました


いまさらな、 HR style GLOCK Carbine キットです。
セレクターも使えるようにガワを削って。
一般に瓶房人の長物なんて言われているようですが・・・
ダットもマルイで統一。

ハイダーがこれなのはご愛嬌で(笑)
サイレンサーも付けられるように逆ネジアウターバレルをつけております。


ハンマーがバルブを叩けるギリギリの温度での初速



一発目はこんな数値ですが平均すると92前後ですね。

バレルを延長した分冷えやすかったりサイクルが落ちているかと思いきや。



マガジンが温まっていればこんな感じで毎分1200発で50発フルマガジン一気撃ちできます。
インナーバレルを延長しアウターバレル内で固定しているので、GLOCKの泣き所だったフルの弾道も50発一気撃ち距離7mで5cm以内と言うすばらしい命中精度です。
まあ銃の重量もガワ分増加したので元々軽いリコイルがさらに軽くなりましたが・・・

気温22℃マグ温め無しでも83ぐらいでているので。
これなら電動相手に戦える?

私はサバゲーはやらないんですが、やるなら今回のカービンカスタムともちろんサイドアームもGLOCK18Cで。
安っとか思われながらも本体軽いしバテないかも。



こんな感じで50連マグ沢山持って、なんて・・・妄想はするんですけどね・・・・
GBBオンリー戦でも行ってみようかなと・・・・
WEのインナーバレルの再利用と言う言い訳の散財でした・・・


くれぐれもお試しは自己責任で初速を守ってお試しください。

後から知ったのですが、これとほぼ同じカスタムが某有名ショップカスタムに存在しておりましたとさ・・・・

  

Posted by 熊衛門 at 17:33Comments(4)Others

2012年04月13日

WE M4系 フルオート動作

WE M4系の動作性がどれぐらい良いか動画を撮ってみました。


気温18℃マガジン温め無し!152ガス使用。
フルオート30発一気撃ちです。



20℃以下でもこの動作性!堪りません!
SCARが後半サイクル落ち気味なのが以外ですが・・・
全てストライクアームズのハンマースプリングに交換済み。リコイルスプリングはSCARのみ交換しております。
最後に20連マガジンの同一条件も録画しているのですが、観ていただけば分かるように、フルはちょっと・・・・です。
フル一気撃ちでこの動作ですからセミで連射なんて楽勝なわけですね。
これからさらに気温は上がってくるわけですから・・・楽しみです!
くどいようですが動作テスト時マガジン温め無しですからね!

P90はまだですか?WEさん  

Posted by 熊衛門 at 23:40Comments(6)WE M4

2012年04月13日

WE M4 外装パーツ互換性

またまた小ネタで失礼します。皆様の流行を2周回遅れ気味で走っております熊衛門です。

WEはまだまだ外装カスタムパーツがWA系より圧倒的に少ないですが、WA用と表示されていてもほぼポン付けできるアイテムも結構ありますね。

マグプルタイプグリップです。もちろんバッタ物・・・・

最初セレクターピンの穴開け直しぐらい覚悟だったのですが、ほぼポン付けで若干すりあわせ程度で装着できますね。
グリップやストックはWA用は大体付けられそうですね。
アウターバレルはチャンバー周りの作りが全然違うんで無理ですね・・・
内臓はまったく別物だし。
バレルナットはIRONのラルー等用のWA用はピッタリでした。根本までねじ込めます。



私のM4に付けているMK18RISII(もちろんパチモン)のナットは付属していた物は全然ねじ込めなかったので、力技で元のM4バレルナットを削って付けたのですよ~~~この時は大変だった・・・・
まあアッパーのネジを切りなおしてもらえればそんなことしなくても良いんですけど何せ通販でしたから・・・マッドブルからダイスが出ているのは後から知りました・・・でも高い。

この位置にピッタリにバレルナットを削るのがなんとも・・・2度とやりたくないですね。

 
今欲しい物16インチアウターバレル、ベータから出ているけどこれハイダーネジ正ネジなんですよね・・・正ネジのハイダーってイマイチ選択肢少なくなりますよね。どうするべきか・・・
  

Posted by 熊衛門 at 02:41Comments(4)WE M4