スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年03月27日

WE HK416 刻印完成!

祝!刻印完成!


前に刻印を頼んだ日記を書きましたが、やっと送られてきました!
元々無刻印バージョンHK416だったのですが、今回、鈴友株式会社さんにお願いしてまだかまだかと待ちましたよ~結局1ヶ月以上かかりましたね~
が、待っただけのことはあると!

オーダーメードですからこんな所とか

AFはよく普通に売ってますよね、私のはAHです。ちなみにこの記号で2007年製になるそうです。

アッパーレシーバのレールの刻印も


ロアー前の刻印も

非常に綺麗にレーザー刻印されてます!!
WEの刻印入りでも刻印されていない場所も刻印されております。

今回、諸事情により(笑)KG ガンコートのHK ブラックと言うミリタリースペックの塗装もしてもらいました。
焼付け塗装で非常に硬いざらっとした質感です。実銃に使われている塗料だそうです。
WEの塗装と質感が違います。

早速組み立てましたが新しい塗膜の分すり合わせが必要でした。
E+の刻印入りレシーバーを組み込むのと同じすり合わせです。


うーん刻印あるとカッコ良いですね!
無刻印でも良いなんて思っていた人はどこへ・・・・・・・
ちなみに製造番号も希望の番号です~

反対側も

やっぱりHK416はこれらの刻印あってこそかなと思ってしまったり・・・・

所詮、大人のおもちゃですから撃って遊んでなんぼと言うスタンスではありますが、所有する満足感は今回のカスタムでかなり上がりました。
前は無刻印のHK416を眺めながら、「これでも満足だよね?無刻印でもHK416だよね?」と自分に言い聞かせておりましたから。
本当はボルトも刻印入っていると良いと思うのですが、結構ボルト自体の消耗が激しいので今回は見送りました。

鈴友さんのクオリティは凄いです!私の拙い画像では伝わらないかと思いますが、大満足です。


お気に入りのM4と記念撮影~

お気に入りNo.1をHK416に奪われるかも・・・

M4の無刻印ロアーレシーバー余ってるのでよからぬ欲望が・・・また刻印入れお願いしてしまうかも・・・・
どうせお願いするならLMTとかよりヨーロッパのARクローン刻印なんか面白いかも。
その時は鈴友さんまたよろしくお願いします~。

  
タグ :GBBWE刻印

Posted by 熊衛門 at 22:14Comments(4)WE HK416

2012年03月22日

WE M14 20mチャレンジ

WE M14でも20mテストしておりました。



こちらも前回と同じ日なので気象条件等は同じ。
若干風あり 気温10℃ SIISセミバイオ0.25g 152ガス マグは手で少し暖めた程度。

正面右の木に的紙を貼り付けております。サイズはB5



ヒットは発射後の音で判断できるかと。初速は室温20℃で0.2gで88ぐらい。なので70後半ぐらいかと。

しかしイマイチM4より当たらんです。気温が低いのと、ガス使用量がM4よりあるようでホップの効きにバラツキが。ホップはRA。

こちらはノーマルインナーバレルを25cmにカットした物を使っております。
なので低い気温でもセミなら30発ワンマグは余裕で撃てます。ノーマルバレルが54cmですから、長さ半分以下ですね。


銃自体の重さや構えた時のポジション、私の筋力も命中率に影響しているとは思いますが、RA6.01インナーバレルに換装してまた試してみたいです。

一番良かった結果
30発撃って11発当たっております。


これは一番良かった結果なので、平均は7発命中ぐらいが平均です。
今回はノーマルのカットしたバレルでしたが、M4の時の結果を考えるとRA6.01インナーバレルは集弾性に効果があるようです。

インナーバレル長について

前回までの実験の結果やはり日本の低圧ガスではインナーバレル長54cmは無駄に長いですね。25cmの方が同じ設定だと初速は高いです。そのうえ冷えにも強く、フルのサイクルも上がります。
54cmで同じガス圧で初速が下がると言うことは明らかにインナーバレルの中でのBB弾の加速距離を越えた長さであると言うことですね、ある長さからは抵抗にしかなっていないわけです。
しかもマガジンの温度が真夏の炎天下のように熱々(圧が高い状態)だと加速距離が長い分初速の上下幅も大きく、規制値を超える可能性もあると思われます。
その安全策として国内流通物は非常に初速が低い物になっているのでしょう。
その点でもインナーバレル長25cm以下の長さだとBB弾の加速距離がM14の場合半分以下に短くなってリミッターになりマガジン温度が高くてもそれほど初速が上がらないわけです。

これはGBBの安全策としては非常に重要かと。(考え方合ってますよね?amanojack様)

初速規制があるわけですから、法を遵守しつつ、最大限楽しめる性能にしていきたいものですね。

私の個体はバルブのガス流量を絞るなど改良しての設定なので、箱だしノーマル個体に単純に25cmインナーバレルに換装した場合、同じ結果になるとは限りません。
くれぐれも記事のお試しは自己責任で初速のチェックを願いします。

しかしM14は重い・・・構えているだけで辛い・・・銃自体の性能が優秀だったとしても人が使う観点から見るとM14を使いこなすにはまずは筋トレから始めないと・・・・
無理ですね・・・
  続きを読む
タグ :WEGBBM14

Posted by 熊衛門 at 02:26Comments(2)WE M14

2012年03月20日

WE M4 20mチャレンジ

春分の日ですね。一歩ずつ春が近づいておりますが、天気は良くても千葉でもまだ気温10℃ぐらいとガスブロには辛い気温ですが、20mテスト、チャレンジしてきました!


距離20m 的紙はB5サイズ SIISセミバイオ 0.25g 152ガス使用。 マグは手で少し温めた程度。

撮影してみました。
観づらい所は今後の課題で・・・雰囲気でお楽しみください・・・・


撃ったあとピチっと聞こえるのが的紙にヒットしております。正面右の木に的紙は貼り付けてあります。
風も多少あり、気温も低く、精密射撃とは程遠いですが、もし実際に今の季節にサバゲーに使用したらこんな感じなのではないでしょうか?
私は基本お座敷なのですが、野外もなかなか楽しいですね!昔を思い出す・・・・

初速は20℃で0.2gで88ぐらいに設定していたのでおそらく70後半ぐらいかと。
ヒット音の時間差で分かるかと。

結果は

野外20mなんてガスブロで期待してなかったのですが、以外に当たっております。
集弾はB5用紙で25cm以内に30発中13発となりました。同じ所に2発当たったのとセンター黒丸に一発当たっております。私の射撃能力もありますからまずまずかと。
だいたいこれぐらいが平均値です。
室内無風、室温20℃以上であれば、初速も安定しもっと命中率が高くなると思われます。

今回のM4にはRA6.01インナーバレル225mmに換装 ホップはマルイ バルブは前回までの改良 ハンマースプリングのみストライクアームズ。

動作性は気温10℃でもすばらしいです。フルで15mだと



15m先の的のビール500ml缶がまったく見えませんが音で当たっているのが分かるかと。

以前の改良で弾ボロ、ジャムなど2000発ほど発射しましたが皆無です。

ただ初速を調整時ヒーターで熱々に温めたマガジンの時にあまりにサイクルが早くて一度だけジャムってましたが。


今回初めて撮影してみたのですが今度はもっと上手く撮れるようにしたいもんです・・・
  
タグ :WEGBBM4射撃

Posted by 熊衛門 at 20:52Comments(3)WE M4

2012年03月17日

WE G36C 性能

いまさら感たっぷりのWE G36Cですが、こちらもNPAS入れていて距離15mフルオートでやっぱり2発目以降方物線を描いて飛んでいくのを、前回までの改良方法を使いG36でも調整してみました。

バルブスプリングはカットせず、バルブの調節のみで人肌マガジンで85ぐらいに設定。
セミフルとも真っ直ぐな弾道を描いて飛んでいきました。が、M4やSCAR等よりフルオートでの息切れが早いようです。室温20℃のマガジンの状態です。
以前バルブスプリングカットのみで調節していたとき、連射サイクルが上がっていたのを思い出し、ガスブロニスト様とamanojack様のコメントも参考にしつつ、バルブスプリングを1巻きカットしてみると、サイクルも若干上がり、息切れはカット前より改善されました。

それでもM4やSCARに比べると息切れが早いですね(フルオートのサイクルが落ちる)。
WE G36ってこんな感じだった?って性能です。

M4系、SCARが室温20℃でも30発連続フルオートでそれほどサイクル低下せずに撃ち切れるのに比べるとかなりG36Cは・・・・使えない感じです。

リコイルスプリング、ハンマースプリングはストライクアームズの純正より弱い物に交換してあるのですが、なんとかM4なみに改良できないものか・・・

で、インナーバレルの交換が他の機種より簡単なので、インナーバレル長でどれぐらい性能が変わるか実験してみました。

上から約37cm、23cm、10cmの長さです。23cmがG36Cの純正で10cmはマルイG18Cのに固定溝を追加した物。


10cmだと元々のG18Cに近い68ぐらいの初速に、23cmは85ぐらい、37cmだとギリギリな感じ・・・
バレル長が短い方がガスカットのタイミングも早いはずですが、10cmではバレル長以外のボルトストロークなど他の要因からサイクルもノーマルとさほどかわらず冷えも体感できるほど改善されず。初速を下げる効果はありますね。


37cmは初速は高いですが、フルがまったくダレダレに・・・・ってことは51cmインナーバレルのG36Eはさらにフルは駄目駄目ってことでしょうかねー

結果、ガスブロニスト 様とamanojack様がコメントに書いてくれたようにやはりインナーバレル長は25cmから20cmぐらいが最適かと。





  
タグ :WEGBBG36

Posted by 熊衛門 at 17:56Comments(0)WE G36

2012年03月15日

WE SCAR 200mmインナーバレル 

またまたWE SCARネタですが、14.5インチサイズのインナーバレル約37cmをカットして20cmにした物で試射してみました。

交換後、初速は37cmより落ちますが、バルブを調節して、気温20℃で85ぐらいに設定。
ヒーターで熱々にしても規制値内に。
セミで1秒間隔ぐらいで撃ってみると、初速の上下幅が5以内ぐらいに。1発目だけ異様に高い初速になるようなこともありませんでした。元の長さから17cmカットしましたからガスの消費量も少なくなりました。SCARは元々多少気温が低くてもガシガシ動く銃でしたがさらに冷えに強く連射出来るようになったわけですね。
セミで15mで撃ってみると、なんと37cmバレルより明らかに集弾率がアップしました!
ほぼ10cm内に収まっています!
フルのまとまりも良くなっているようです。


実験の結果20cmのインナーバレルの方がSCARには圧倒的に良い結果でした!
やはり長すぎるインナーバレルはカットするのがお勧めです。デメリットしか無いと思われます。
海外高圧ガスならばバレルの長さで初速も変わりそれぞれのインナーバレル長で個性もでるのでしょうが、日本の規制下ではWEのGBBライフルは25cm以下がベストな銃身長のようです。
で、もっと短くするとどうなるか・・・・初速は下がっていくのでしょうが、弾道がどうなるか・・・

やっぱりM14のRAインナーバレル切るか・・・・


今度野外30m越えもチャレンジしてみたいですね。

記事のお試しはくれぐれも自己責任でお願いします。  

Posted by 熊衛門 at 22:20Comments(0)WE SCAR