スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年06月08日

WE G36C 調整完了

WE製品の中でイマイチM4系と比べると動作性の悪いG36をまたまた懲りずに弄っておりました。



前回まででインナーバレル14cmにカット、ハンマーSP、リコイルSP(硬さはノーマル)はストライクアームズ製でしたが、それでも152ガスでイマイチ過ぎるフルオートは前回までの映像をご覧ください。

今回、M4系に比べてダレが早いG36でしたので、ガスカットのタイミングを早めるためにストライクアームズ製のフローティングバルブSPとリコイルSPを導入しました。



左の赤色のがソフト、右の青色のがノーマルです。さらにハードも商品としてありますが今回は見送り。
上に見えるのがリコイルSPのベリーソフトです。

WE純正と比べると。



画像で見てもバネの太さが違いますね。

早速組み込みテスト



気温22℃ BB弾0.2g使用。マグ温め無し。
バルブSPはソフトを使用。リコイルSPはベリーソフト。初速はさほど落ちていませんね。

フルだと。



こちらも同一条件です。
サイクルも思っていたより落ちませんでした。


最後に動画でも



これは成功ではないでしょうか!!?
若干サイクル落ちますが前回までの状態とは比較になりません!

クドイようですが気温22℃152ガス使用マグ温め無しの作動です。
これぐらい動けばM4には負けますが良いのではないでしょうか?

G36系も好きなのですが、WEM4系と比べるとなんともな感じでしたが、この動作性になるなら、G36系もちょっと増やしたいところ・・・・
  

Posted by 熊衛門 at 00:30Comments(2)WE G36

2012年05月17日

WE G36C諦めきれず・・・

あいかわらず諦めきれずG36弄っておりました。



フローバルブSPカットしても気温20℃ほどでマグ温め無しではフルオートは相変わらず13発ほどで息切れ状態だったので、とりあえずフローバルブとSPをノーマルに戻し、インナーバレルを切り詰めていきました。



最終的に14cmまで切り詰め気温20℃で2.0gで85ぐらいに設定。
マグを温めて撃っても90ほど。
前回G36を弄った時マルイG18Cの10cmインナーバレルを組み込んだ時は初速68とかでしたが、4cmの違いでここまで変わってきます。

で、結果フルの動作性は気温20℃でマグ温め無しでは一気撃ちは辛いものの若干改善されたかと・・・でも


こんな感じで途中から生ガス噴きます・・・・

M4やSCARに比べるとやっぱり息切れしやすい・・・・M4は152aガス使用でもボルトストップ掛からないようにして撃てば60連射ぐらい可能な動作性なのに。

そして録画中に途中で撃てなくなって・・・



ファイアリングピン折れました・・・心も折れました・・・・
やっぱりG36にはM4並みの動作性は無理なのかな・・・・

サイクル犠牲にしてストライクアームズのリコイルSPのベリーソフトでも試してみるぐらいしかないかな・・・

リコイルSPはストライクアームズノーマルSP&ハンマーSPを使用しているのですが。

マグがM4系と違いプラで覆われているのも原因でしょうね・・・・
1年以上前の購入当初からこんな動作性だったか忘れましたが、M4やSCARがあまりに良く動くのでG36のダメっぷりが際立っております。
  

Posted by 熊衛門 at 01:06Comments(2)WE G36

2012年03月17日

WE G36C 性能

いまさら感たっぷりのWE G36Cですが、こちらもNPAS入れていて距離15mフルオートでやっぱり2発目以降方物線を描いて飛んでいくのを、前回までの改良方法を使いG36でも調整してみました。

バルブスプリングはカットせず、バルブの調節のみで人肌マガジンで85ぐらいに設定。
セミフルとも真っ直ぐな弾道を描いて飛んでいきました。が、M4やSCAR等よりフルオートでの息切れが早いようです。室温20℃のマガジンの状態です。
以前バルブスプリングカットのみで調節していたとき、連射サイクルが上がっていたのを思い出し、ガスブロニスト様とamanojack様のコメントも参考にしつつ、バルブスプリングを1巻きカットしてみると、サイクルも若干上がり、息切れはカット前より改善されました。

それでもM4やSCARに比べると息切れが早いですね(フルオートのサイクルが落ちる)。
WE G36ってこんな感じだった?って性能です。

M4系、SCARが室温20℃でも30発連続フルオートでそれほどサイクル低下せずに撃ち切れるのに比べるとかなりG36Cは・・・・使えない感じです。

リコイルスプリング、ハンマースプリングはストライクアームズの純正より弱い物に交換してあるのですが、なんとかM4なみに改良できないものか・・・

で、インナーバレルの交換が他の機種より簡単なので、インナーバレル長でどれぐらい性能が変わるか実験してみました。

上から約37cm、23cm、10cmの長さです。23cmがG36Cの純正で10cmはマルイG18Cのに固定溝を追加した物。


10cmだと元々のG18Cに近い68ぐらいの初速に、23cmは85ぐらい、37cmだとギリギリな感じ・・・
バレル長が短い方がガスカットのタイミングも早いはずですが、10cmではバレル長以外のボルトストロークなど他の要因からサイクルもノーマルとさほどかわらず冷えも体感できるほど改善されず。初速を下げる効果はありますね。


37cmは初速は高いですが、フルがまったくダレダレに・・・・ってことは51cmインナーバレルのG36Eはさらにフルは駄目駄目ってことでしょうかねー

結果、ガスブロニスト 様とamanojack様がコメントに書いてくれたようにやはりインナーバレル長は25cmから20cmぐらいが最適かと。





  
タグ :WEGBBG36

Posted by 熊衛門 at 17:56Comments(0)WE G36