2012年07月19日

WE SCAR 内部パーツ交換

しばらく更新出来ませんでしたが、いつの間にか夏ですね千葉でも気温33℃とかありえません。

皆様の流行を2周回遅れ気味で走っている熊衛門です。




なかなか銃弄りの時間取れずでしたが、約7000発ぐらい撃っているSCARがいよいよボルトストップが掛からなくなったり、イマイチ調子悪い感じになってきたのでまとめて内部パーツの交換しました。


個別にパーツ取り寄せると結構なお値段になりそうでしたんで、OPENBOLTキットを購入。



もともと真鍮コンニチハ版をOPENBOLT化するキットなのでボルト、ピストン、トリガーパーツ、チャンバー等主要パーツが入ってます。



ボルトパーツのボルトストップが掛かる所は何度か修正しながら使っていたのですが・・・・


ボルトストップパーツの方がかなり硬度がありボルトのボルトストップと擦れる部分が削れてます。



ボルトの方が完全に負けてますね。
ボルトストップパーツのボルトと接触する部分の角はちゃんと落として滑らかにしていたのですがね・・・・
あとピストンが入っている入り口付近もハンマーに押されシリンダーが内側に変形してピストンの動きが悪くなってました。
この辺は削ってなんとかできる部分ではないですよね・・・・
今度磨耗したらRAかTSCのスチールボルトも検討しようかと。

でもハンマーが当たるこの部分はM4系と比べると全然大丈夫ですね。




トリガー周りはまだいけそうなので交換はまだ先で。



ハンマーSPのみストライクアームズ製に交換済み。あとは純正です。

今回ボルト、ピストン、チャンバー周りを交換したのですがボルトストップの掛かりが新品状態でも本当にギリギリにしか掛かってなかったので、以前、L1A1さんに教えてもらったやり方でボルトストップをかさ上げしました。



こんな感じに瞬着とティッシュで(笑)
どれぐらい持つか分かりませんが、取れてしまっても補修は簡単ですね。

チャンバー周りもHop調整ダイアルがユルユルになってしまったりM4系より弱い部分がありますね。
でもうちのSCARはM4系で悩まされたようなジャムは一度も無いのでパーツの耐久性がもうちょっと高ければ最高なんですがね~

以前買ったPEQ等はHK416よりSCARの方がお似合いな気がしたんでSCARに装着。




そろそろ新しい銃が欲しい・・・・・



  

Posted by 熊衛門 at 01:37Comments(4)WE SCAR

2012年05月19日

パチACOG TA31 4x

東京は雹が降ったり雷だったりすぐ晴れたり・・・この間の竜巻とか異常気象ですかね。
こんばんは、皆様の流行を二周回遅れ気味で走っている熊衛門です。

前はM4に装着していた、パチACOG TA31 4xをSCARに装着してみました。



前にも書きましたが、実物のACOG付けてるM4の画像を見てもリアサイト外して付けていたり結構アイリリーフが短そうだなと思っておりましたし、このパチACOG自体もアイリリーフ3-4cmとかなり短く覗き辛いなーと思いつつも我慢してM4で使っておりました。

が、ノーベルアームズのTACONE購入でM4から外されパチACOGはしばらく放置していたのですが、SCARに付けて見ると、意外やM4の時より覗き易いのですよ。
アイリリーフ自体が変わるわけないので、銃自体の構えた時のポジションとかリアサイトの位置とかで見やすく感じたのだと思います。
視力は個人差がありますから、誰でも見やすくなるかは判断できませんが、気になったので比較して見ます。

SCARの上にM4を載せてグリップとストックの位置を合わせて見ると。


ほぼストックからグリップまでの位置は同じです。
知っていた方からすればこんなの当たり前に知ってたよって話かもしれませんが、SCARのレシーバーやリアサイトの位置がM4より3cmほど後ろです。

リアサイトの位置はM4はチャーハン引くのに邪魔になるのでこれ以上後ろに出来ないのです。
外せばACOG装着時の設置位置を後ろにすることも可能なのですが、リアサイト無しのスカスカ感はお好みではないので。

これが理由でM4で覗き辛かったACOGも、SCARで覗くとM4よりプラス3cm目に近づくので見やすく感じたのですね~

この3cmの違いってスコープを使用した時、結構気になるものですよね?
ストックからグリップまでの長さ調節は体格によって違うとは思いますが、銃を構えてアイリリーフ合わせるために3cm前に頭を移動させて構えるのって苦痛だったですね。


今まではこの長靴ストックとかあんまり好みじゃなかったりしてたんですが、SCAR前より好きになりました。






マルイGBB、MP7A1買っちゃうだろーな~質感や作動性次第だとは思うけど・・・・  

Posted by 熊衛門 at 00:09Comments(0)WE SCAR

2012年03月15日

WE SCAR 200mmインナーバレル 

またまたWE SCARネタですが、14.5インチサイズのインナーバレル約37cmをカットして20cmにした物で試射してみました。

交換後、初速は37cmより落ちますが、バルブを調節して、気温20℃で85ぐらいに設定。
ヒーターで熱々にしても規制値内に。
セミで1秒間隔ぐらいで撃ってみると、初速の上下幅が5以内ぐらいに。1発目だけ異様に高い初速になるようなこともありませんでした。元の長さから17cmカットしましたからガスの消費量も少なくなりました。SCARは元々多少気温が低くてもガシガシ動く銃でしたがさらに冷えに強く連射出来るようになったわけですね。
セミで15mで撃ってみると、なんと37cmバレルより明らかに集弾率がアップしました!
ほぼ10cm内に収まっています!
フルのまとまりも良くなっているようです。


実験の結果20cmのインナーバレルの方がSCARには圧倒的に良い結果でした!
やはり長すぎるインナーバレルはカットするのがお勧めです。デメリットしか無いと思われます。
海外高圧ガスならばバレルの長さで初速も変わりそれぞれのインナーバレル長で個性もでるのでしょうが、日本の規制下ではWEのGBBライフルは25cm以下がベストな銃身長のようです。
で、もっと短くするとどうなるか・・・・初速は下がっていくのでしょうが、弾道がどうなるか・・・

やっぱりM14のRAインナーバレル切るか・・・・


今度野外30m越えもチャレンジしてみたいですね。

記事のお試しはくれぐれも自己責任でお願いします。  

Posted by 熊衛門 at 22:20Comments(0)WE SCAR

2012年03月14日

WE SCAR インナーバレルカット

前回の懸案事項バレルカット、やってみました。
前回までのNPASを使わずバルブ内径調節での初速調整で初速の落差、フルオート時の弾道はかなり改善されましたが、距離15mでいまいちバラツキ気味な弾道でまとまりませんでした。目視で20cmには収まらない感じです。

自分のSCARは14.5サイズのアウターに合わせてインナーバレルも長いものに交換しておりました。
37cmぐらいの長さです。
ガスブロニスト様とamanojack様からのありがたいコメントによりWEの長物ガスブロは25cm以内で調節していくとのことでしたので、切りましたです、インナーバレル。


25cmと20cmで切りました。


元の14.5インチサイズが上ですからずいぶん短いですね、ほぼ半分の長さです。



SCARとは別にM14用にはこんなものが・・・・今までM14に組み込んでいた物なんですが。
下が14.5インチ用です。
やっぱり無駄に長いだけなんでしょうか?
切る方が良いのでしょうかねー。

しかしコヤツラはやっぱり要らない子なんですか?今までうちのM4等に入れてたのですが。


なんだか無駄に散財しておるようです・・・
組み込み後の結果はまた次回にでも。  

Posted by 熊衛門 at 01:12Comments(0)WE SCAR

2012年03月11日

WE SCAR フルオート試射

バルブをNPASから前回の加工で純正のバルブの口径を小さくした物に交換し、バルブスプリングはカットしていない物でSIISの0.25gで15mで撃ってみました。


結果は、画像はありませんが、セミはもちろん、フルでも2発目以降も放物線を描くこともなく、飛んでいきました!
ただ若干弾道にバラツキがあるようなので、RAの6,01バレルを試してみようかと思っております。

今回ノズルの加工時インナーバレルの長い方が(M14、M16)初速が下がる数値がでましたので、ガス放出量に対してM14やM16のインナーバレルの長さは長すぎるのではないかと思っておりましたが、コメントでまたまたアドバイスを頂いて確信が持てました。

バレルカットは短すぎると元には戻らないのでなかなか勇気がいる作業だと思い避けておりましたが、今度試してみます。


コヤツは要らない子になってしまったのでしょうか・・・・


弄っただけ効果が出ているのでさらにハマリそうで怖い・・・・でも楽しいですね。

  

Posted by 熊衛門 at 23:39Comments(2)WE SCAR